僕は僕と生きる

雑記。僕が思ったこと、書きたいことを書くところです。個人の主観に基づきます。

最近おかしくなってきたんじゃねぇの?

ここ何日か、というか3か月くらい。

自分がおかしくなってるんじゃないかっていう感覚に襲われることがあって。

それはどうしてかって言われると至極単純なことで、支援をしたいって活動を始めたからなのだけど。

それまではびっくりするほど自堕落な生活をしていたのね、僕。

好きな時に寝て、おなかが空いたら食べて、週2日くらい仕事するみたいな。そういう生活をしていたの。

今もほとんど変わってはいないのだけどね、なんというか、目標?芯みたいなものができたって感じなのよ。

本当にやりたいことが見えてきたみたいな。

人間やりたいことって増えたり減ったり、変わったりするじゃないですか?

うん、あると思うんですよ。

でも今回やりたいって思うことって人の人生に大きくかかわることだから、なんだか「いい人」というか模範的な人間である必要があるって思ってしまっていたのね。

でもやっぱり、深夜にすごい勢いでお酒を飲んでしまうこともあるし、日中友達と遊び惚けてしまったり、やっぱり自堕落になってしまったりするの。僕はね。

それが本当にいけないことだ、ってそんな風に考えてしまうことが多くなってきて、僕が子供の支援なんてするべきではないんじゃないかって思ってしまうことが多くて。

でもね、支援云々がどうだみたいなの置いておいてから、僕はやっぱり酒飲みで演劇が好きで、少し変わってるって言われるような人間でしかないわけ。きっとね。

だからきっと、子どもと一緒にいたとしてもそれは変わらないんだろうなって。

教えることとか保護すること、一緒に遊ぶってことに聖人君主である必要はないんだって最近気づいて。

どれだけ我慢していい外面をしたところで根っこのところは何も変わらないんだろうなって。

僕は僕のままでいいんだって(もちろん変えなければならないことはとても沢山ある)

そんなことを最近あった人から学びました。

もちろんいますよ。もっと模範的でないとやるべきではないって言ってくる人。

いや、でも僕は何というか子どもたち、というかこれから会う人たちの支えというより、「悪友」ってポジションがいいのかなって。

昔は悪いこと教えてくれる大人もいっぱいいたじゃないですか?

なんか、そんな感じでいいかなぁって。

僕は先生にはなり得ないし、なりたくはないんだなぁってことに気づいたよって。

その程度のこと、最初から持っておけよって思われちゃうと思うんですけどね。

進んでいく中、人とかかわっていく中で気付くこともあるんだなっていうそういうことです。

以上