僕は僕と生きる

雑記。僕が思ったこと、書きたいことを書くところです。個人の主観に基づきます。

不登校の子供がいるお母さんと話してみて思ったこと。

僕です。

最近支援系の記事が多いな。ウザがられてないかな?って考えながらもまた支援系の記事を書きます。

最近不登校・苦登校の当事者の方、関係者の方とお話する機会がありがたいことに増えています。

本当にありがたい。

単純に話を聞いてほしいとか、勉強を教えてほしいとか、相談があります。なんてことが多くて、ほんとに皆それぞれ色々なものを抱えているなって感じます。

ここ最近ほんとに感じるようになったのは、お母さん方が本当に悩んでらっしゃるんだなってことです。

そりゃそうだなぁとは思うんだけど、「自分の子供が他の子みたいに学校にいけないのが本当に不安です」ってお母さんが本当に多い。

僕には家庭も子供もいないので推し量ることしかできないんですけど、本当につらいんだなぁと思います。

うちの母に昔、自分が苦登校、弟が不登校だった時のことを聞いたんですけど、不安というより、「怖かった」らしいんですよね。

そりゃそうだわ。理由が見えないっていうのは本当に怖い。

それは何も不登校とかその辺に限ったことではなくて、すべての人間関係においてそうなのだ。

ぼくたち兄弟は基本的に原因を言わずにそのままひきこもるタイプの人間だったので、理由も何にも言わずにただただ部屋に引きこもったり、布団の中から出てこようとしなかったりした。

毎日怒られて、引きずり出されて学校に行かせようとする親と僕達で戦争をしていた。

そういう毎日を送っていたから気にしたこともなかったし、いじめとかその辺のことなんて親に言えるわけでもなかったから、毎日だんまりを決め込んでいたけど、今になってみればよく分かることで、理由がわからないから対処のしようがない。

でも学校にいけないっていう理由って実は色々あって、それは明確に理由がある場合となんかモヤモヤするから行きたくないっていうのでまぁ、子供自身もわからなかったりするわけ。

明確に理由っていうと、いじめ、勉強についていけない、人間関係がつらい、学校の先生が嫌いとか、大体が表に見えてくる。

なんかモヤモヤするっていうほうが実は大変だったりして、この「モヤモヤ」にしっかり向き合っていかないといけないなっていうものが多い。

なんだか先生が嫌だ。(なんでかは自分でも釈然としない)とか

なんだかクラスの空気が嫌だ(同上)

これってきっとそのモヤモヤを抱えている子以外には気づけないところで親が口を出しても(原因がわかるまでは)どうにもならない場合が多かったりする。

だから親御さんは見守っていてあげてほしいなって。

子供がSOSを発したら対処してほしいのだけど、こう、しっかりと子供が整理をつけられるまでは見守ってあげてほしい。

難しいんだけどね。心配になっちゃう気持ちもわかるんですけど。親だもんね。自分の子供が心配なのって当たり前だし、正常なことです。

恋人にフラれたときとか整理つくまでほっといて!ってなることあると思うんですけど、きっとそんな感じです。

ここ最近、いろんな人と話してきて、不登校選択できるお子さんはめっちゃ考えてるし、大人が思ってるより大人だなぁって思います。だからもう少し子供のこと信じちゃいなよ!って思いました。

あ、あと疲れちゃったらお外にコーヒー飲みいったり、お酒飲みいったり、お出かけしても全然いいと思います。お母さんがつらそうにしてると子供もつらかったりするので。