僕は僕と生きる

雑記。僕が思ったこと、書きたいことを書くところです。個人の主観に基づきます。

【仮想通貨】コインチェック記者会見を見て思ったこと

1時半です。眠い。

僕です。

※今回のこの記事は衝動に任せて書いてます。私見です。不愉快な気分になる方がいらっしゃったらごめんなさい。

 

仮想通貨取引所のコインチェックが不正アクセスを受けて、顧客から預かっていたNEMxem)のほぼ全てが流出したようです。

それを受けてコインチェック側は1月26日23時半から25時の1時間半に渡って会見を開きました。

この模様はニコ生だったりAbemaTVで中継されました。

代表取締役の和田さん、取締役の大塚さんに顧問弁護士の方が前に。

広報の方が進行をするという形でした。

NEMはホットウォレットに入っててマルチシグも行っていなかったっていうセキュリティ面の甘さとか、杜撰さみたいなものを感じました。正直コールドウォレットに入れといてくれよ。怖すぎって思いました。

でも一番思ったのは記者責めすぎじゃね?ってことです。

しくじっちゃった人を全力でぶん殴っていいのか

今回のことはお金が絡んでることだから皆が熱くなることはよく分かる。僕だって正直やらかしたな…お先真っ暗みたいな気分だもの。

もっと枚数を持っていた方もいるし、それこそほとんどNEM保有してて何千万、何億って持ってる方がいることも想像できている。

もちろんセキュリティの甘さとか見ても会社として許されないことだろうなぁって感じではある。

けれども、そんなに責めるのか?責める必要があるか?

何度も同じような質問が続いて、記者が熱くなって責めるのはちがうんじゃないですか?

確かに聞く事聞く事殆どが「検討します、検討中です」っていうセリフでかわされた感あるけど、今日の今日で会見開いただけで僕は偉いと思うよ。

今回のことは色々怠ってた会社と社長が悪い。でもほんとに悪いの盗んだ人だからね?

ある種被害者みたいなもんじゃん。(日本円のロックアップだけは早くどうにかした方がいい)

失敗した若者を笑って叩く大人たち

失敗しちゃった若者叩いて何が楽しいの?出る杭打ってどうしたいの?

そういう挑戦をする人がいるから新しいものとか新しいことができるんじゃないの?

そんなん失敗した途端に心折られたら死ぬほど辛い。大人はわかってんじゃないの?それなのにあの責め方はないと思うよ。

確かにコインチェックを信用して資産を置いていた人が怒るのは仕方がないし、怒るべきだと思う。僕も怒ってるし不安だけどね。でも使ってもないのに叩く人は何?

とっても大きい失敗だし、世間から叩かれても仕方がないとは思います。でもさぁ、一部の記者の質問は高圧的で質問というより、攻撃だった気がします。

潰す勢いで来てる感じ。ほんとに良くない。目的は潰すことじゃなくて現状なり、保証の方法、原因を探ることであって、その人達や会社を潰すことではないはず。

ほんとに悪いのは不正にアクセスして 流出させた犯人。

ユーザーにとって本当にいいのは、資金がそのままの形で返ってくること。次点は何らかの形で保証されること。最悪なのは何も帰ってこないこと。潰したら最悪な形にしかなんない。

「自分たちが甘かった。悪かった。ごめんなさい」を聞きたいだけみたいな人も居た感じ胸糞悪い。

とにかく頑張って欲しい

代表取締役の和田さんは27歳。まだ若い。おそらく24、25歳のときにコインチェックのサービスを始めてる。先見の明もあるようだし、とても才能のある方だと思う。

僕なんて24にもなるのに何にも成せていない。ほんとにすごい。

こういう人を潰しちゃいけない。

インチェックの皆さんには頑張って事業を続けていただきたい。ユーザーに誠意をみせていただけたらいいと思う。

ちなみにコインチェックに70万円くらい預けてた僕はちょっとヤバイなって思いながら何故かすごくワクワクしてる。ていうか、ワクワクしかしてない。新しいことの渦中にいる感じ。

だからほんとに頑張って。体を壊さないようにしてほしい。