全力で脱力

雑記。僕が思ったこと、書きたいことを書くところです。個人の主観に基づきます。

目が覚めてしまって

寝られない。というか目を覚ましてしまった。外は雨だ。「しとしと」ではきかないくらいに雨が降っている。

雨粒が落ちる音が聞こえてくる。

雨は嫌いだ。少し寂しい気持ちになる。濡れるし冷たいし、髪の毛は崩れるしいいとこといえば花に水をやらなくてもよくなるってことぐらいで、雨は嫌いだ。機械は濡れると壊れるしほんとに嫌になる。

こういうのも本当は違うのかもね。

感情が先走ってるだけ。寂しい気持ちが雨の音で膨れ上がるのかもしれない。そんなことを思いながらキーボードを叩いている。もう4時に近い。

目が覚めてしまうのも無理はないのかもしれない。考えてみたら今日起きたのなんて正午近いのだから。そこから取引先に電話をして、仕入れの計画を立てて、台本読んでみたいなそういう、いつもとなんらかわりのない日常を過ごしてしまっていて、もう飽き飽きなのかもしれない。だから深夜に刺激を探して起きたのかもしれない。

最近では一番刺激的なのは夢だ。寝ている間が一番刺激的だなんてなんだか少し皮肉だ。休む時間じゃねぇのかよと。

昨日の夢はなんだか少し現実味があって怖かったことを覚えている。刃物が刺さる感覚はいつでも慣れない。

僕の夢はだいたい高いところから落ちる夢か、人に追い掛け回されるか、刺されて死ぬ夢だ。

前後の状況はその時によって全く違うからシチュエーションには全く困らない。

毎度それなりに痛い夢ばかりだ。地面に叩きつけられる瞬間といったらもう、何とも言えない。

何かで刺される感覚が一番鮮明に残る。

もしかして僕の前世は刺されて死んだんじゃないかってくらい鮮明に。

こんな駄文を書き散らして僕はまた眠りにつこうとしている。この瞬間さえ夢ではないのだろうかと一抹の不安を感じながら。