僕の事とそれ以外のこと

雑記帳。それ以上でも以下でもないです。言いたいこと書きたいことを書きます。

働き方改革は働かせ方改革である。って話を少しだけ聞いて思ったこと。

※今回の記事は個人で事業をしている人間の主観です。不快な表現があったら申し訳ありません。

 

この前何かのテレビで今の「働き方改革」は経営者側の労働者に対する「働かせ方改革」になってしまっているって話をしていた。

なるほど。そういうことかと僕の中で違和感がなくなった感じを受けた。働き方改革とはいうものの、労働者である限り、会社に所属しようとする限り、上の人間の都合とか会社の都合なんてものに縛られてしまうわけだから、本当に「働き方改革」と言っていいものかと思っていたからだ。

本当に働き方を考えられる環境に自分を置きたいならフリーになるか、話のわかる上司、ないし、会社を連れてくるしかない。特に日本だとそれが顕著な感じがしている。

履歴書の職業経歴欄に空白期間があると転職活動や、就職活動がうまくいかないなんて話もある。これもネットなりで見た情報なのでなんとも言えないんだけど、イコールほぼ会社なり、学校なりに所属していないと就職も転職もできないってことだ。

夢を追えると言われていた頃のフリーターはもはや見る影もなくなってしまって、非正規という言葉で派遣もフリーターも一緒くたにするし。

働かせ方改革なんてしたところで、労働者の現実は変わらないと思うよ僕は。

結局上にいる人間の頭が硬ければそれ以上いい案は出てこないだろうし、もともと経営者なんてのは会社の利益を上げたいから人件費が安いほうがいいに決まっている。

しかも「会社が大きくなるまでに自分はこれだけ苦労したんだから下で働いてる奴らも同じくらい苦しくないといけない」みたいな思考をしている場合があったりする。(いわゆるブラックってやつ)

日本はわりかしみんなで苦労しようみたいなそういう考え方が大きくなってしまっているからその辺良くないと思うし、適度に休んだほうがいいと思うよ。

案外そこで四苦八苦して働いている人が抜けても仕事は回ることが多いし、回らなくなったら何かしらシステム的なところがまずいし、経営に失敗してる。確実に経営者が悪い。

むしろみんなで楽しようよ。ほんとに。やることはやるけど、休むときは携帯の電源切って、業務のことは考えないくらいにしなきゃだめだよ。切り替え大事だって小学校のときに習ったじゃん。

 

働きたい人は働けて、定時に帰りたい人は帰れて、病気の人は何も気にしないで休める

そういう会社にしたいなとおもうし、そういう社会になればいいよね。