僕の事とそれ以外のこと

雑記帳。それ以上でも以下でもないです。言いたいこと書きたいことを書きます。

ルーターを買った話(機械の世代交代)

ルーターを買った。

僕の実家は木造2階建てでモデムは玄関先においてある。プロバイダはOCNだ。そしてモデムに無線カードを差し込む形のもので無線LAN機能を使っていた。

光コラボとやらでOCNに変えたんだけど、そっから何かがおかしくなった。速度は変える前よりも早くなったのだけど、プチプチと切れるようになってしまった。

wifiが繋がらないって言うのは現代社会において非常に難儀なことだ。なにせケータイのキャリアは7Gの制限をかけていて、これを超えると低速通信にされてしまう。実際もっと通信容量の大きいプランはあるからショップにでも行ってプランを変更してくればいいじゃないかという方もいるんだろうけど、ネットを通じて仕事をしている以上それで足りなくなる可能性もある。何より固定回線を引いている意味がない。

何週間も接続が切れる状態が続いてついにOCNに電話をしてみると、改善できるであろうやり方を提案されたのだけど、すでに試したものばかりだったので、機械の故障の可能性があるということでNTTから点検と修理のために人が派遣されてきた。

その人曰く「NTTで働いてる僕が言うのもちょっとアレなんですけど、このカード、良くないんですよね。市販のルーター買っていただいたほうが安定するし、速度も出ると思いますよ」とのこと。

 

まじかよ……

 

ということで親父殿と共に電気屋に行ってルーターを買ってきた。

もちろん接続設定をするのは僕の仕事だから帰ってきた瞬間に作業を開始。

ちなみに実家ではスマートフォン4台、テレビが1台、PC(常時接続)1台、セットトップボックスが1台の計7台を接続しなければならない。

こう考えると、まず持ってこの台数が行けないのではないだろうかってところにぶち当たるのだけど、そのへんは割愛。

20分ほどかけて接続設定(実際はもっと短かったかもしれない)

無事7台の接続を完了したのだけど、ここで僕はびっくりしたんだけど

最近のルーターNFCで接続設定ができるらしい。

興奮して弟のスマートフォンで試した(Galaxy s8)

なぜ弟かって言うと僕のスマホNFCがないから(AXON mini)

技術って進歩してるんだなって思った一日だった。

結局ルーター買ったら接続も安定したし、速度も出たので、あのカードが良くなかったんだなっていう。

そう考えるとやっぱりモノの耐用年数ってのは意識しなくても感じるものなんだなって。カードには10年位お世話になりました。

世代交代って少し悲しいねって

そういう話でした。