僕の事とそれ以外のこと

雑記帳。それ以上でも以下でもないです。言いたいこと書きたいことを書きます。

今日のこと(僕のことと再演のこと)

感想を言語化してみようと言う試み


今日は所属していたサークルに行ってきた。
卒業公演で演った演目を再演をすると後輩が言っていたから行ったのだけど、実のところ僕は人恋しかっただけなのかもしれない。

再演を見に行ったはずなのに片付けを手伝っていたし(やりたくてやった)、なんとなく会話をしたかったのかもしれない。
片付けをしているときが今日一番充実していた。気がする。

彼らの再演は当に再演であった。正直に言えばもっと色々できたのではないかと思ってしまった。
キャストが変わった部分はとてもおもしろくなっていたし、変わってない部分もキレが出ていた。
全体的に反省点が生かされていたように感じた。
ただスリリング過ぎた。ヒヤヒヤした。

たった一ヶ月でここまで仕上げましたと言われればよくやったと思うし(上からになってしまったのだけど)、なんだろう。うん。
新人歓迎用の公演だったのだから僕がとやかくいうのは筋違いなのかもしれないけれども。

役者たちはのびのびと芝居をしていた。演出も役者のことを伸ばせていたと思う。
聞いた話によると人によってはもっと短い稽古期間だったらしいので、感心したけども。

なぜか響かなかった。響くというのは、自分の基準だし、自分たちのやっていた演目だから少し厳しく見てしまうのかもしれない。
そんなことを言ったら、僕達のアレも人によっては響かなかったのかもしれないのだけど。

もっと勢いが欲しかったのかもしれない。もっと非日常に誘うような、説得力がないとしても勢い。
これも好みなのかもしれないのだけど。

相変わらず、音響照明もうまくやっていたからきっとテクニカル的な話ではなくて、単純に役者のやり方だったり、緊張感だったり、その辺の話なのかと。

こんなに書いておいて、嫌いだったわけではないし、むしろやっぱり好きな部類であった話だし、僕はどれだけあの団体が好きだったのかと思わされた出来事であったので書き残しておこうと思う。

はい。今日は終わり。