僕の事とそれ以外のこと

雑記帳。それ以上でも以下でもないです。言いたいこと書きたいことを書きます。

日々何かを消費していっている。

例えば金とか、ものとか、命を削っている。いきるってそういうこと。

自覚はないんですけどね。

大量に酒のんで気持ち悪くなったりとか、飲み続けて内臓をだめにしたときに、はじめて「あー、失敗したんだなぁ」ってなる。

ある程度のところまでいかないと気づかないんだろうなぁって。

そう考えると若い頃ってすごい。というか若い勢いってすごいんですよ。

 

例えば昔自分の書いたものを見てみると妙にゆめが溢れてたりして、恥ずかしくなってしまう。書き直しはしないんだけども。

いつやめるのかって言われたらちょっとよくわからない。いつまでやってるのかって聞かれてもダメになるまで続けるとしかいいようがない。

すでにだめになっているのかもしれない。

青春の延長線上にあるようなこんなことを自分はいつまで続けるんだろうか。

自分にしかわからないことなんだろうけど、自分にも良くはわからない。