全力で脱力

雑記。僕が思ったこと、書きたいことを書くところです。個人の主観に基づきます。

脚本を書いている。

学生からまだ脱却ができていないのかもしれない。

 

ここ最近生活がさみしくなったような気がする。

きっと引きこもりがちになったからだろう。

後ろを向いていたら何にもならないといわれることもある。

それで前を向けたらとっくに向いているのだろう。

後ろを見ないとやっていけないこともあるんだとわかってほしいとは言わない。

ただ、何も言ってほしくはなかったんだ。そんなこと自分が一番よくわかっているのだから。

たまに自分のことが分からなくなることがある。いったい自分は何なのか。

明日、僕には肩書がなくなる。