僕の事とそれ以外のこと

雑記帳。それ以上でも以下でもないです。言いたいこと書きたいことを書きます。

雑記

目が覚めてしまって

寝られない。というか目を覚ましてしまった。外は雨だ。「しとしと」ではきかないくらいに雨が降っている。 雨粒が落ちる音が聞こえてくる。 雨は嫌いだ。少し寂しい気持ちになる。濡れるし冷たいし、髪の毛は崩れるしいいとこといえば花に水をやらなくても…

ブログを書くということ

ブログを書くということ。色んな理由があるのだろうけど、僕としては確実に承認欲求だと思っている。 だって、考えてもみればさ、ブログに書くってことは人目にさらされるってことなんだよ。見てほしいって思えないと書けないと思うのね。 色々言う。みんな…

世の中つらいよね

暇だからそんなこと言ってられるとかね。暇だから他のことを考えられるとかそういうわけではないと思うのね。僕は。 考えられなくなってしまうのは多くの場合、面倒になっているか、追いつめられているかどっちかだと思う。人間関係においては前者が非常に多…

叔母家族、襲来

昨日、母の故郷から叔母家族が来た。実に四年ぶりに会ったのだけど、みんな何も変わってなかった。(正確には成長期の子供たちの身長は伸びていたし、叔母さんは髪型を変えていた) 今年の頭当たり叔母さんは大きな病気をして、休職しているらしい。仕事場で…

開業に際して

先日、彼女から「就職したこともないくせに」と言われてしまった。 これは自分的にはかなり大きい出来事だった。確かに僕は就職したことはないし、深夜のネットカフェのバイトは3ヶ月でやめてしまったし、派遣で行くような工場も1ヶ月続けただけで、その後は…

三線のこと

三線を買った。 店のためだ。 買っただけでまだ全くと言っていいほど弾けない。 爺さんは酒を飲みながら上機嫌で当たり前のように弾いていたけど、そんな芸当どうしたらできるんだろうか。 酒でかすれた声でそれでも音を外さないで気持ちよさそうに歌ってい…

家族について。

昨日爺さんのことを書いていたら、ふと自分のまわりにはどんな人がいるのだろうと、もとい、自分の親族ってどんな人間なんだろうと考えた。 ろくな人間がいなかったんだけども。 親父は会社を二度ほど潰しているし、母親は家族になにも相談せずにいきなり自…

思い出したこと

更新を止めていた。 書きたいことも書くべきだなと思ったこともなかった。正しくは僕が書いても仕方ないなと思ったので書かなかった。 そんな感じ。 非常にどうでも良いのだけど、爺さんの言葉を思い出していた。 うちの爺さんはアル中で祖父と呼ぶより本当…

店のこと

沖縄料理店と聞いて何をイメージするだろうか 沖縄そばとかチャンプルーとか。その辺のものだと思う。 あとは少し強い酒とか。 そのイメージはきっと合っている。 僕もそれ以外思いつかない。 実家の沖縄料理店はおきなわそばをメインにやっているのだけど、…

沖縄物産展の話と食の話。(超絶偏見)

サンシャインシティの沖縄物産展に行ってきた。 理由は、行きたかったからとか、最近何が流行ってるのかとかそういうどうってことないものだった。結構な期待をしていったのだけど、会場を見てみると展示ホールAだったし、そんなに大きな規模ではないのだな…

googleでウェブマーケティングについて勉強してみた。(まだ途中)

実家が店をやっているから店のブログも管理しているのだけど、なんだか最近伸び悩んでいる気がして 少し勉強をしようと思った。facebookにも投稿をしているから記事の管理をしようと画面を流し見てみると何やらgoogle関連の広告が出ていた。 興味本位でクリ…

インターネットとかPCとかその辺のこと(僕の記憶に基づいた非常に薄いもの)

はてなから通知があった。 今月のPVが100を超えたらしい。ありがたい。100ってゴミじゃんと思われる方々もいるかもしれないけど、まぁ、そうなのかもしれないけど、もっと増やしたいけど仕方がないのかもしれない。 他人に有益な情報を書いているわけじゃな…

今日のこと(僕のことと再演のこと)

感想を言語化してみようと言う試み 今日は所属していたサークルに行ってきた。 卒業公演で演った演目を再演をすると後輩が言っていたから行ったのだけど、実のところ僕は人恋しかっただけなのかもしれない。再演を見に行ったはずなのに片付けを手伝っていた…

仕事場で感じたこと

仕事だった。同じ現場に物腰の柔らかそうな(実際柔らかかった)男性がいた。 見た目40代くらい。どんなふうに生きたらあんなふうに物腰が柔らかくなるんだろうか。 色々考えたのだけど、可能性的には3つある(僕の持論的に)僕の偏見なのだけど、物腰が柔ら…

深夜に考えたこと。

最初は何か書こうと思っていたのだけど、結局何を書いていたのかわからなくなりました。 いつもに比べたらちょっと長いです。 本当になんのきっかけもなく、頭の整理をしてみようと思った。 ここ一ヶ月のうちに入ってきた知識とか、刺激とか書き出してみた。…

中学生の勉強を見ることになった話

4月1日のことだ。 大学を卒業して、学生じゃなくなって初めての日。僕は実家が営んでいる居酒屋の手伝いに出ていた。店にいるのは常連さんたち。 馴染みのあるお客さんが、普段なら見かけない子供を連れていた。4月から高校生になる男の子と中学生になる女の…

移住したほうがいい。

突然、親から沖縄に移住したほうがいいといわれた。 「お前は全部やめて沖縄に移住して、物を書いて暮せばいいよ」 僕はまだ、今日までは学生で、明日以降、大した肩書も持たない。 昼間は働いて、夜は稽古をして、稽古がなければまた働くだけだ。 何を辞め…

クラウドソーシング(ライティング)について考えてみた。

クラウドソーシングについて考えてみた。 僕には専門の知識など、まったくと言っていいほどないので、何か変なことを言ったら悪いなと思いつつも、考えて書いてみる。 僕は去年の今頃新しいアルバイトを初めて、3か月後にはやめることになる。 色々あって、…

歩く

歩いた。町を歩いた。 下駄で歩いた。 久々に外に出たらやっぱりいろいろな人がいるんだと感じた。 下駄を鳴らして歩いた。 だけど、誰も僕のことを変な目で見る人はいなかった。 僕が気づかなかっただけかもしれない。 鈍感になったのかもしれない。 でもそ…

なんのことはないのだけども、外に出ていないと時間がわからなくなっていく。 こう考えると刺激ってとても大事なものなんだと思う。何もないことが日常で、それって普通のことなんだ。(こういうことを言うとそれはあなたの普通で……)って始まられたりするか…

日々何かを消費していっている。 例えば金とか、ものとか、命を削っている。いきるってそういうこと。 自覚はないんですけどね。 大量に酒のんで気持ち悪くなったりとか、飲み続けて内臓をだめにしたときに、はじめて「あー、失敗したんだなぁ」ってなる。 …

卒業前夜

卒業前夜。もとい卒業当日。今日を持って僕は学生ではなくなってしまう。 実際には今月末までは学生であるんだけれども。 夜が明けたら卒業。 4年間色々あったと思う。思い出せることも、思い出せないこともたくさんあるんだろう。 実際は思い出せないことの…

脚本を書いている。 学生からまだ脱却ができていないのかもしれない。 ここ最近生活がさみしくなったような気がする。 きっと引きこもりがちになったからだろう。 後ろを向いていたら何にもならないといわれることもある。 それで前を向けたらとっくに向いて…

はてなブログ。 初めて挑戦する。 挑戦と言うか、垂れ流し。 思考の垂れ流しだったり何だったり。 思うところがあれば書くし、なければ書かないし。