僕の事とそれ以外のこと

雑記帳。それ以上でも以下でもないです。言いたいこと書きたいことを書きます。

インスタントなメッセージには飽き飽きだぜ

インスタントなメッセージには飽き飽きだ。なんて柄にもないことを言ってた自分が居た。

僕は新しいものが大好きだし、スマートフォンも使い物にならないような時期からずっと使っていたりする。(auandroid推してた頃)今じゃandroidもそれなりに安定してきて、普段使いには何も問題はない。

この頃はソフトバンクしかiphoneを扱っていなかったし、初代のiphone(日本未発売)なんてのはとてもスマートとは言えなかった。今じゃ先端を行くみたいな感じだったけど、当時日本の批評家には酷評されていた気さえする。確か日本で発売された始めたのは二代目のモデルの頃で、3代目のモデルでやっとこさ動画の撮影ができるようになった。

そんな感じで僕たちは着々と便利な道に進んできているし、ネットワーク化も進んできている。手紙がメールになって、メールがLineになって(もちろん仕事上はメールを使ってるけど)

便利になるってことはとてもいいことだと思っている。

機械で代用できるところは代用して、無駄なところに頑張らなくて良くなるから。もっと仕事も効率的になればいいなって常々思っている。苦労は買ってでもしろなんて言うけど、しなくて良いはずの苦労もあるはずだ。

正直そんなことはどうでもよくて、僕はインスタントなメッセージには飽き飽きしたんだ。

インスタントなメッセージってなんだよって思うと思うんだけど、僕もよくわからない。練られていないみたいなそういうことなんだと思う。非常に感覚的なもので、メモ書きみたいなそういうことなんだと思う。

良くはわからないのだけど。

ラインじゃなくてメールに戻りたいし、手紙に戻りたい。

絶対ラインに戻りたくなるんだろうけどね。

今ここに書いてるこれもインスタントじゃないのかよって。思っちゃってるけど。 

午前中に思ったこと。

エントリーが一日に2つ重なるときがある。そういうときは大体深夜に一本書いて、寝て、また起きたあとに何かしらのきっかけで書こうかなと言う気持ちになったときだ。

その書こうかなという気持ちになるのは大体仕事をしようと思ってPCを開いたときだったりする。仕事のやる気が起きないときが大半だ。あとは一本仕事が上がったとき。

どっちも大差ない。何かしらを無理に始めようとしたときか、その無理に始めたものが終わったときか。大体近くに無理があるのだ。

あとは不快なことがあったときとかその辺。嬉しいことがあったりとかするとまず書き込まなかったりする。

気持ちに非常にムラがあって正直なんとも言えなくなるときもあったりするのだけどそのへんは面倒になってくるので割愛する。

基本的に僕は面倒な人間なので、他人の成功を素直に喜べなかったりしてしまうし、自分の成功すらも疑ってしまったりするタイプだ。言葉は現実では外には出にくくて、それをブログで発散している。

もっと見てほしいって現実で言えないからブログを書いてるみたいな承認欲求

そんな感じ。

彼氏彼女とのいろいろを書いているブログを見るとここは素直に羨ましいなと思ってしまう。

僕は自由業で彼女は会社員なのでなかなか予定が合わない。

自由業と行ってもそこまで自由があるわけじゃないみたいで、締切だったり稽古だったり、発送だったりに追われているし、ぼくの体が相手も彼女の体があかなかったりするし。

努力をしろって言われたらそれまでなのだけど、どう努力していいかわからない感覚なんだ。

久々にわからないことがわからないみたいな感覚。ゴールの見えない先に向かって走らなきゃいけない恐怖みたいなものがある。

先の見えない暗闇を走ることができるのは強い人だけだ。あとは覚悟を決めた人。僕はどちらでもないのかもしれない。

強くありたい。

仕事の話

普段はクラウドソーシング経由でライターをしたり、居酒屋を手伝ってみたり、役者したり、裏方したり、リサイクルショップをしたりしているのだけど、「結局何やってる人なの?」って聞かれることがとても多い。

自分でも明確に何屋ですっていうのはよくわからなくて、楽しそうなところに手をつけていった結果こんな感じになっているのだけど、今は少し遊ぶだけでも職業欄を埋めなきゃいけない書類を書かされたりする。

そういうときにわりと困ってしまうのだけど、とりあえず自由業ということになっていたりする。自由業なのか自営業なのか考えてしまっているのだけどまぁウェイトとしては自由業のほうが大きかったりするので、そのへんはアレだ。

職業、みたいなのが非常に苦手だからなんとも言えないのだけど、楽しく生きて何が悪いって感じだったりしている。

まぁ、周りから見たらフリーターみたいなもんなんだろうなぁと思っているのだけど、とりあえずしっかりと確定申告はしてるのでそのへんは社会人扱いなんだろうな。

好きな生き方ができる社会が良いよねって常々思っている。

努力をして、楽しくなるような生活をするっていうのはね、できることだよね。

でも意外と難しいかもしれないから、もっとできるようになると良いね。

やっぱりまとまんねぇなぁ。

ブログのタイミング

気の向いた時や仕事がないときに書こうと思っているんだけど、なかなか気が向かなかったりする。仕事は基本的にはない。

やろうと思えばやることなんてたくさんあるのだろうけど、どうもやる気にならない。

仕事も何もかもとりあえず机に向かって始めてみれば、きっとやる気にはなるし続けてやろうみたいな気持ちになるのかもしれないし、今実際にこれを書きながらそんなことを思っている。

面白い記事とか書けないかもしれないけど、とりあえず手は動くなってことを感じたりしている。

たまってる仕事はないのだけど、やらなきゃいけない仕事はある。それもまたネットを通した感じの仕事で、まぁよくあるライターって奴だ。

何字かけばいくらみたいな、そういうものに縛られて生きていたりする。時給に縛られるのと文字数に縛られるのどちらがいいのかと言われれば確実に文字数に縛られたいたいタイプの人間なのでその辺には非常に向いている仕事なんじゃないだろうか。

そういう意味だと、こう、文字に縛られるというよりは文字に生かされてるんじゃないかと思えたりもしたりする。

ここまで500字に満たない。

ダラダラとした思考をダラダラと垂れ流しても500字にもならないわけだ。

ツイッターの140字で普段考えていることの大半なんかは表現できる気がしているし、だから一時期ブログが下火になったんだろうなって気づくわけだ。

別に自分の思考を垂れ流すだけならブログじゃなくてもっとインスタントで軽いものでよかったんじゃないだろうかって、もっともブログもインスタントな軽いものに感じられるのかもしれないけど。だからみんなツイッターに流れたわけだ。

最近はツイッターも下火だったりするのだけど。

その辺はまぁ、みんなの好みだったリその辺によるよね。一口にブログって言ってもアメブロとか、はてなとか色々あるしね。

色んな形の何かしらに流れて行っちゃうっことは仕方のないことなんだよきっと。

一つに固執とかしてらんないじゃん人間は。新しいものが大好きな人もいれば古いものが大好きな人もいるし、いろんな人がいるから、こう色んなものがポコポコ出来てすぐになくなっていくんだよね。

大体損をするのは古いものが好きな人たちだし、世界は新しいものが大好きだから取り残されていっちゃうんだけどね。

あー散々垂れ流したから仕事しないとなぁ…

やりたくないなぁ。そんなこと考えたとしても結局やり始めたらやる気になっちゃうんだろうね。

こんな感じで。

ルーターを買った話(機械の世代交代)

ルーターを買った。

僕の実家は木造2階建てでモデムは玄関先においてある。プロバイダはOCNだ。そしてモデムに無線カードを差し込む形のもので無線LAN機能を使っていた。

光コラボとやらでOCNに変えたんだけど、そっから何かがおかしくなった。速度は変える前よりも早くなったのだけど、プチプチと切れるようになってしまった。

wifiが繋がらないって言うのは現代社会において非常に難儀なことだ。なにせケータイのキャリアは7Gの制限をかけていて、これを超えると低速通信にされてしまう。実際もっと通信容量の大きいプランはあるからショップにでも行ってプランを変更してくればいいじゃないかという方もいるんだろうけど、ネットを通じて仕事をしている以上それで足りなくなる可能性もある。何より固定回線を引いている意味がない。

何週間も接続が切れる状態が続いてついにOCNに電話をしてみると、改善できるであろうやり方を提案されたのだけど、すでに試したものばかりだったので、機械の故障の可能性があるということでNTTから点検と修理のために人が派遣されてきた。

その人曰く「NTTで働いてる僕が言うのもちょっとアレなんですけど、このカード、良くないんですよね。市販のルーター買っていただいたほうが安定するし、速度も出ると思いますよ」とのこと。

 

まじかよ……

 

ということで親父殿と共に電気屋に行ってルーターを買ってきた。

もちろん接続設定をするのは僕の仕事だから帰ってきた瞬間に作業を開始。

ちなみに実家ではスマートフォン4台、テレビが1台、PC(常時接続)1台、セットトップボックスが1台の計7台を接続しなければならない。

こう考えると、まず持ってこの台数が行けないのではないだろうかってところにぶち当たるのだけど、そのへんは割愛。

20分ほどかけて接続設定(実際はもっと短かったかもしれない)

無事7台の接続を完了したのだけど、ここで僕はびっくりしたんだけど

最近のルーターNFCで接続設定ができるらしい。

興奮して弟のスマートフォンで試した(Galaxy s8)

なぜ弟かって言うと僕のスマホNFCがないから(AXON mini)

技術って進歩してるんだなって思った一日だった。

結局ルーター買ったら接続も安定したし、速度も出たので、あのカードが良くなかったんだなっていう。

そう考えるとやっぱりモノの耐用年数ってのは意識しなくても感じるものなんだなって。カードには10年位お世話になりました。

世代交代って少し悲しいねって

そういう話でした。

モカエキスプレスと嗜好品

珈琲淹れる機材を買った。

BIALETTIのモカエキスプレス。

僕は非常にコーヒーが好きだし、毎朝飲まないといられないくらいの人間なので、これで生活の満足度が上がる。確実に。美味しいコーヒーは美味しい生活への第一歩。

人によるんだろうけどね。僕の彼女なんかはコーヒー飲めなくて紅茶大好きだし、うん。

コーヒー挽いてセットして火にかけるとか非常にかんたんだし、良い匂いがものすごく漂っていたりするともうテンションが上ってしまって困ってしまう。

朝はコーヒー飲んでタバコ吸ってから、少しだけ原稿書いて仕事して、夜は酢飲んで寝るとか、最高の生活。

あとはまぁ、彼女からの理解を得れれば人生最高な気がするよ。

嗜好品は人間が人間であるために必要だと思うし、嗜好品を認めなくなってしまったら無駄を楽しめなくなってしまう。

人生に必要な無駄を楽しみたい。

久々に

開業したし、働かないとなぁと思いながら、公演に参加していた。

公演期間中もメールはひっきりなしに来るし留守電も入っていたし、何年かぶりにとても忙しいんじゃないだろうかと思った。

流石に寝る暇がないほど仕事をする気はないし、そんなことになったら何のために自分で仕事を始めたのかみたいな話になってくるので、その辺の仕事量のセーブなり何なりはしっかりとしていきたいと思ってたりする。

確かに忙しいことはいいことだ。お金はその分入ってくるし余計なことを考える暇もなくなるからいいんだと思う。

周りは会社に入って仲間なり、上司なりと良い関係を築いたり築かなかったりしながら仕事をしている。

僕がいい関係を持つとか持たないとかの対象になるのは単純に取引先になってしまうから、そういう仲間がほしいと思ったことはある。

毎回の仕入れだったり、何らかのミスをフォローしてくれるような上司、所謂良い上司が今一番欲しいものだったりする。誕生日プレゼントはいい上司が良い。でなければVR系の機器が良い。シーシャでも良い。

とにかく楽しいものが良い。

取引先の人から頂いた名刺とか検索かけちゃう系の人間なので3回位あったら、あーこの人内定者ブログとか書いてたなぁとか考えながら話をしてしまったりする。

良くないくせだなぁとは思うけど、楽しくてやめられない。