僕の事とそれ以外のこと

雑記帳。それ以上でも以下でもないです。言いたいこと書きたいことを書きます。

家族について。

昨日爺さんのことを書いていたら、ふと自分のまわりにはどんな人がいるのだろうと、もとい、自分の親族ってどんな人間なんだろうと考えた。

ろくな人間がいなかったんだけども。

親父は会社を二度ほど潰しているし、母親は家族になにも相談せずにいきなり自宅の車庫を改装し居酒屋を始めた。

母方の祖父はアル中農家だったし、祖母は台風の日に当たり前のように近隣のお宅にお茶をしにいくし、怒ると入れ歯を投げる。

父方の祖父はアル中一歩手前農家だったし、水のように酒を飲んでいた。祖母は僕の生まれる前になくなったようだったから良くはわからない。

僕の祖父母は母方の祖母を除いて亡くなっている。少なくとも祖父母は家を建てて子供を育て、一人前の大人にしたから、見た目ロクでもないとしても誇れるくらいの人たちだ。

すっかり忘れていたけども、僕自身は今年大学を卒業して内定を蹴って芝居をしている。ニート寸前のフリーランスだ。

弟は元引きこもり。最近やっと大学に行くようになった。

なんだかんだ、両親は当たり前のように結婚して生活をしているし、周りから見たら立派なオトナだ。

問題は僕達なんだけど

こう書き出してみるとなかなかだ。なかなかすごいラインナップだ。と僕は思う。

他のご家庭がどんなもんかは僕は知らない。本当は見えないだけでうちよりもよっぽどすごいのかもしれない。でもそんなことは知ったことじゃない。

なかなかすごいのは僕達家族なんだろう。

僕は僕のことを正真正銘のクズだと思っているし、外から見ても確実にそうだ。

親の育て方が悪かったんじゃない。

僕らの育ち方に何らかの問題があったんじゃないだろうか。

 

それも今やっと気づいたことだから、人間はきっと多少は痛い目を見ないとわからないんだろうな。

 

思い出したこと

更新を止めていた。

書きたいことも書くべきだなと思ったこともなかった。正しくは僕が書いても仕方ないなと思ったので書かなかった。

そんな感じ。

非常にどうでも良いのだけど、爺さんの言葉を思い出していた。

うちの爺さんはアル中で祖父と呼ぶより本当に爺さんと言う感じだった。

事あるごとに言っていたのがやらなきゃいけないこともあるけど、できるだけやりたいことをやれってことだった。

そう言って爺さんは酒を飲んで三線を弾いていた。

本当にふと思い出しただけだった。

最近、どうして良いかわからなくなることが増えてきた。

柵が増えてきたってことなんだと思う。

やりたいこと、やりたくないこと、やらなきゃいけないこと。

ちゃんと見極められると良いよね。

VALUのこと

VALUって知ってますか?

僕は昨日くらいに知りました。自分に価値をつけて、株のように売り買いをするらしいです。

自分の価値ってなんだろうと思ったんだけど、どうやらSNSFacebookTwitterinstagram)のフォロワー数から算出するみたい。発信力っていうか、なんというかそういう基準なんだって。

 

で登録してみました。

職業欄を見ると、クリエーター系の職業から、パン屋さんとか、果てはニートなんてものもありました。

何かを作り出したり、漠然とした夢を持った人を応援するようなサービスなのかなと思いました。

 

僕は何をしてる人なんだろうなと小一時間悩みました。

あー、色々やってんなぁと思いつつ、何もできてないんだよなぁとも思いました。

とりあえず、外部からお仕事を受けてカフェで仕事をしていたりするタイプなので(のマドワーカー)と言うことにしておきました。(ノマドの人には怒られるかもしれません)

 

自分の価値をお金に換算して、株みたいに売り買いができる。これってすごいことだと思うんです。

影響力のあって頭が良い人ならちょっとした資金だったらクラウドファンディングとか使わなくても集められたりとかするんだろうなぁ。

 

まぁ、重要なのは影響力ですよね。フォロワーさんの数とか、ふぉろわーさんの数とかです。

 

あ、VALU使うときに、ビットコインが必要です。日本円じゃ買えません。

取引所経由になるので、このへんちょっとめんどくさい。

仮想通貨参加希望の方は検索すればものすごく情報が出てきます。

 

 

最近、仮想通貨も個人的には熱いんですけど、実店舗でもまだ使える所限られてるし、ちょっと怪しいと思われてるんだろうけど、こうやってどんどん浸透していくのかなぁと思います。

まだまだ世間的には怪しいと言われるんですけど、まぁそのへんはインフルエンサーの人とかメディアが頑張るとどうにかなるんだろうなぁと思います。

 

記事に間違いとかあったら怖いなぁ。

引き合いに出されて叩かれるの怖いなぁ…

ぜひ間違いあっても叩かないでコメントで教えていただければと思います。

 

以上。今回はこのへんで

 

店のこと

沖縄料理店と聞いて何をイメージするだろうか

沖縄そばとかチャンプルーとか。その辺のものだと思う。

あとは少し強い酒とか。

そのイメージはきっと合っている。

僕もそれ以外思いつかない。

 

実家の沖縄料理店はおきなわそばをメインにやっているのだけど、なんというかパッとはしない。

どこかのチェーン店みたいに「めんそーれ」とか言わない。お客さんが来ても「こんばんは」である。

そういえば「いらっしゃいませ」はあまり使わない。あまりいらっしゃいませという気分ではないんだなきっと。こんばんはの気分なんだ。

「食事をしに来たお客様」と言うよりは「ご飯を食べに来た友達、もしくは知り合い」くらいの気持ちなんだろうな。

一見さんにもそんな感じだから好き嫌いはあるんだろうなぁと思ってやっているし、無理して合わせる必要もないんだろうと思ってやっている。

沖縄家庭料理だから、まぁ、そんな感じなんだろうな。

 

店を継ぐのかとよく聞かれるのだけど、皆が継いでほしいと思ってくれたら考えておくよくらいの気持ちでいる。

お客さんが必要としてくれない店を継いでも仕方ないから。

僕が継いだら母親と父親を店に置いておいて皆の話し相手にしようとか考えてはいるのだけど。

なんだかんだ言ってうちの家族は店好きみたいだし。

僕も嫌いではないから。

でも最近やりたいことがたくさんありすぎて困っているし、なんとも言えない。

とりあえず昼間はコーヒー淹れるから飲みに来てくれないかなぁとは思っている。

 

お酒もいろいろすすめるし、一緒に好きなお酒を見つけられたら良いと思ってるよ。

 

始める前はかなり否定的だったのだけど、最近は悪くないなぁと思っている。

まぁ、もうちょっとお客さんが来てくれれば嬉しいかな。

 

 

 

 

 

沖縄物産展の話と食の話。(超絶偏見)

サンシャインシティの沖縄物産展に行ってきた。
理由は、行きたかったからとか、最近何が流行ってるのかとかそういうどうってことないものだった。

結構な期待をしていったのだけど、会場を見てみると展示ホールAだったし、そんなに大きな規模ではないのだなぁと。
入ってみると、やっぱりソーキそばとか沖縄そばとか、あとはもずくとか、その辺の天ぷらを様々な店が出している。
あー、やっぱりこんなもんなんだなぁと思った。

沖縄の料理って大体油ものか炒め物。あとは麺類とか豚肉とかその辺。
炒め物は大体同じような味がする(僕の主観)
実際は使ってる食材とか作る人によってだいぶ味は変わるもんだとは思う。
牛肉はあんまり食べないし、牛肉料理というものを見たことがない気がする。
強いて言うならステーキくらい。

扱っているものはお酒とか、黒糖とか、海ブドウとかその辺のもの。
わかる。沖縄ってその辺のものなのよね。と思った。
でも、海ブドウって現地(沖縄)の人はあんまり食べないのよね。
観光資源なのよねって感じ。
ただ黒砂糖はタッパーに入れてお家に置いておくし、おやつの時間は黒糖そのまま口の中に入れるとかだったから生活に密着している感はある。
お酒も、ええ。
飲んでますね。毎日のように飲んでます。焼酎とか泡盛とかね。大体は水割りで。

もう少し、こう目新しいものがあればなぁと思うよ。
まぁ、昔からあるものっていうのが大体物産展にでるものだから仕方ないのかもしれない。

やっぱりほかの土地の食べ物がおいしそうに見えるし、海鮮とか見るとテンション上がってしまう。

まぁ、一番好きなのは米ですよね。新潟のお米が食べたい。

googleでウェブマーケティングについて勉強してみた。(まだ途中)

実家が店をやっているから店のブログも管理しているのだけど、なんだか最近伸び悩んでいる気がして
少し勉強をしようと思った。

facebookにも投稿をしているから記事の管理をしようと画面を流し見てみると何やらgoogle関連の広告が出ていた。
興味本位でクリックしてみた。

動画と実践問題で構成されていて、とてもわかり易い。
本当に最初の最初から教えてくれるし、問題も基本的には選択式。
20個位の章で構成されていて、章末問題に正解するとバッジをくれる。
これはなかなか楽しい。
コレクション欲をくすぐられる感じがある。

でも学校の教科書のように答えが文中にかいているわけではないから動画を見て、自分の中で噛み砕いて落とし込む必要がある。

僕は昔少しかじっただけで勉強をやめてしまった口なので、このタイミングでこんなにわかりやすいものが出てきてくれると非常に助かる。
SEOの対策も教えてくれる。

有料の広告を入れるとこういうこともできるよとか無料だとこういうこともできるよ。
なんて事も教えてくれる。

これとても親切だし、とてもわかりやすい。
聞き取りやすい声だし、字幕もつけられるからいろんな状況で勉強できる。
このまま続けてクリアしたらもう一回更新をしてみようと思う。

インターネットとかPCとかその辺のこと(僕の記憶に基づいた非常に薄いもの)

はてなから通知があった。

今月のPVが100を超えたらしい。
ありがたい。
100ってゴミじゃんと思われる方々もいるかもしれないけど、まぁ、そうなのかもしれないけど、もっと増やしたいけど
仕方がないのかもしれない。


他人に有益な情報を書いているわけじゃないからこれを読んでくれている人は奇特な人だ。
と僕は勝手に思っている。

ブログとかツイッターとかその辺のことは小学生だか中学生のときに始めた。
正確にはツイッターに登録したのは小学6年生のときだし、ブログも中学に入る頃には始めた。

 

ツイッターは登録して2ヶ月ほっといた。人が怖かったし、フォローして文句言われたらどうしようかと思っていた。
ブログは2記事くらい書いてやめた。
ブログに書けるようなことはなかったし、色々書くなら誰にも見られないノートのほうが都合が良かったようなことが多すぎた。

 

ツイッターを始めた頃はまだ「おもしろフラッシュ倉庫」とかが流行っていたような気がする。それを楽しそうに見ている同級生をどうも許容できなかった。
くだらないことで喜んでんじゃねぇと思ってた。実際未だに何が面白いのかはわからない。


ユーチューブもその頃にサービスが目立ってきたような感じだった。
正直その頃はユーチューバーなるものがこんなにも人気になるとは思っていなかったし、配信ができるような小学生なんてまわりにはいなかった。

PCなんかは学校で電源の入れ方から習ったし、標準的に使っていたソフトは一太郎だった。

 

スマートフォンだって僕が高校1年のときに初めてauのISシリーズに機種変更したときは誰も持っていなかったし、電池が一日も持たないから絶対に売れないだろうと思っていた。
結果、今ではスマホを持っていないとそれが原因でいじめに発展するケースがあるくらいの標準装備になった。

 

デジタルツールは年が変わるに連れてどんどん進化していく。
でもみんなの財布は相変わらず革の財布のままだし、洋服も対して形も素材も昔から変わっていないようなきがする。(個人の見解)

 

人間は昔からあまり変わっていないのにネットもデジタルツールもどんどん進んでいってしまって、僕たちは一体どこに行くんだろうか。